カナダ移民の家族の分布パターン

由来
カナダ移民の家族の分布パターン カナダは、世界的に見ても多様な文化や民族が共存する国の一つです。その多様性は、20世紀以降の移民受け入れ政策によって拡大し、現在も移民を受け入れ続けています。この記事では、カナダに移住した家族の分布パターンについて紹介します。

カナダの移民受け入れ政策

カナダは、移民を受け入れることで自国の経済を活性化させることを目的に、20世紀以降積極的な移民受け入れ政策を行ってきました。具体的には、永住者を対象にしたポイント制移民制度を導入し、言語力や職歴、学歴などの要素を評価して選抜を行っています。 また、難民受け入れについても積極的であり、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が認定する難民を受け入れるとともに、自国の法律に基づいて保護を行っています。

カナダに移住した家族の分布パターン

カナダに移住した家族は、様々な背景を持っています。そのため、カナダ全土に分散して生活する家族が多く存在します。しかし、それでも一定の傾向があります。

アジア系家族の分布

カナダに移住したアジア系家族は、主に大都市圏に集中しています。特に、トロントやバンクーバー、モントリオールなどの都市圏に多く居住しており、華人やインド人、フィリピン人などの多様な文化的背景を持つ家族が見られます。 トロントには、オンタリオ湖に面したミシサガやブランプトン、マークハムなど、それぞれの特色を持ったサバーブがあります。こうしたサバーブには、一定の文化的集積が見られ、同じ出身地の人々が集まり、文化や言葉を共有することで、新しい居住地への適応を助ける場となっています。

欧米系家族の分布

欧米系家族は、主にカナダの西側に多く居住しています。アルバータ州やブリティッシュコロンビア州などの地域に多く分布しており、多くは農業や資源開発に従事する家族が見られます。 アルバータ州には、世界的に有名なカルガリーやエドモントンがあります。それぞれの都市には、豊富な資源があり、多くの欧米系家族が移住してきました。また、アルバータ州は、オイルサンドの埋蔵量が世界有数であることから、多くの資源企業が進出しているため、仕事が多く存在することも魅力となっています。

中東系家族の分布

中東系家族は、主にトロントやモントリオールなどの都市圏に多く居住しています。その多くは、シリアやイラン、イラクなどの紛争が続く地域からの難民としてカナダに移住してきた人々が占めています。 こうした難民たちは、カナダ政府やボランティア団体によって支援され、新しい社会に適応するための教育や職業訓練などが提供されています。

先住民族の分布

カナダには、アイヌやイヌイットなどの先住民族が存在します。彼らは、カナダに存在する最も長い歴史をもち、衣食住における独自の文化を持っています。 先住民族は、カナダ全土に分布しており、カナダ政府からは、自己統治権の承認や、土地・資源の共有などの政策的支援が行われています。

家族がカナダに移住する理由

カナダに移住する家族は、様々な理由から移住を決めます。その中でも、以下のような理由が多く見られます。

経済的な理由

カナダには、高い生活水準と安定した経済環境があります。そのため、海外からの移住者にとって、カナダでの生活が魅力的な選択肢となっています。また、カナダ政府が永住者を対象に様々な手当や福利厚生を提供していることも、経済的な理由の一つとして挙げられます。

教育の理由

カナダは、高い教育水準を有しています。特に、世界的に有名なトロント大学やUBC(ブリティッシュコロンビア大学)などの大学には、多くの外国人学生が在籍しています。そのため、海外からの移住を検討する家族にとっては、子供たちの教育環境を考慮することが重要となります。

文化的な理由

カナダは、多様な文化や民族が共存する国であり、人種差別や偏見が少ない国として知られています。そのため、海外からの移住者にとって、新しい文化を体験し、異なる人々との交流を楽しむことができる点が魅力的な理由の一つとなっています。

まとめ

カナダに移住する家族は、様々な背景を持っています。それぞれの家族が選んだ理由は、経済的なものや教育的なもの、文化的なものなど様々な要素によって影響を受けています。 しかし、カナダは移民受け入れにおいて積極的な姿勢を貫いており、移住者には様々な福利厚生が提供されています。そのため、今後もカナダに移住する家族は増加していくことが予想されます。