苗字を元に戻すことはできる?

由来

苗字を元に戻すことはできる?

日本において、苗字は非常に重要な役割を果たしています。それは家族のつながりを表し、祖先から受け継いだ名前を守り続けることで日本の伝統を維持することができます。しかし、時には苗字を変更しなければならない場合があります。例えば、結婚によって婚姻届に苗字を記入することや、離婚による苗字変更などが挙げられます。しかし、万が一間違って苗字を変更してしまった場合、それを元に戻すことはできるのでしょうか?

苗字を変更した場合の手順

まず、苗字を変更した場合には手続きがあります。個人が直接苗字を変更することはできません。変更する場合には、戸籍を持つ役所で手続きを行う必要があります。手続きの流れを紹介します。

STEP1:変更申請書を用意する

まず最初に、変更申請書を用意する必要があります。これは、戸籍を持つ役所で手に入れることができます。変更理由や前の苗字、新しい苗字、参考人(特に婚姻によって苗字を変更する場合には、必ず参考人を指定する必要があります)などを書き込む必要があります。

STEP2:証明書類を用意する

次に、戸籍謄本や住民票、市役所から発行された自分の写真付きの身分証明書など、証明書類を用意する必要があります。特に、前の苗字を示す証明書と、新しい苗字を表示した証明書が必要となります。

STEP3:手数料を支払う

手続きを行うにあたり、手数料が必要となります。手数料の具体的な金額は、役所によって異なりますので、事前に確認することが必要です。

STEP4:手続き完了

全ての証明書類や手数料を提出し、手続きが完了すると、新しい苗字が記載された戸籍謄本が発行されます。この書類をもって、新しい苗字を使用することができます。

苗字を元に戻す方法

一方で、万が一、間違って苗字を変更してしまった場合には、元に戻す方法があります。具体的な手順を紹介します。

STEP1:問い合わせる

まず初めに、間違って苗字を変更してしまったことを認識し、問い合わせる必要があります。変更したきっかけや理由などを詳しく相談することで、役所の担当者が良いアドバイスを与えてくれることがあります。

STEP2:苗字を元に戻したい旨を伝える

問い合わせた後、苗字を元に戻したい旨を伝える必要があります。そして、変更した原因や理由、戸籍謄本や住民票、身分証明書など、証明書類を提出することが必要となります。しかし、身分証明書を変更しなくても、住民票や戸籍謄本を基に元に戻すこともできます。

STEP3:変更前の苗字の証明書類を提出する

苗字を元に戻す際には、変更前の苗字がどのようなものだったのかを明確にするため、変更前の証明書類を提出する必要があります。これによって、役所の担当者が変更前の苗字を確認することができます。

STEP4:手数料を支払う

苗字を元に戻す際には、手数料が必要となります。役所によって手数料は異なりますので、事前に確認することが必要です。

STEP5:手続き完了

全ての書類を提出し、手数料を支払うことで、苗字を元に戻す手続きが完了します。新しい戸籍謄本が発行され、それをもって、元の苗字を使用することができます。

まとめ

苗字は家族のつながりを表し、祖先から受け継いだ名前を守るために非常に重要な役割を持っています。しかし、苗字を変更しなければならない場合もあるため、変更する場合の手続きについては事前に知っておくことが大切です。また、苗字を元に戻したい場合にも、正確な手順を踏むことで、必要な手続きが行えます。苗字は自分自身や家族それぞれのアイデンティティを表現する大切な要素であるため、大切に扱うことが必要です。